​コロナ・インフル対策!フィルター交換で空気をきれいに!

2020年11月27日

現在、新型コロナウイルスの感染が拡大しています。
冬本番になるとこれに加えてインフルエンザが流行することになり、いつ・どこで体調を崩すことになるかわかりません。
毎日使っている空調設備のエアフィルターが汚れることでウイルスが拡散される恐れがあります。

また、感染症だけでなく、さまざまな弊害が起こるリスクがありますので、空調のエアフィルターは定期的に交換しましょう。

空調用エアフィルターとは?

そもそもフィルターとは空気中の細かいゴミやホコリを吸着して取り除くものです。
私たちが普段使っている家庭用のエアコンのフィルターを想像すればわかりやすいかと思います。

目には見えませんが、空気中には細かいゴミやホコリが無数に漂っています。
それらが空調設備に入り込むと正常な機能が果たせず故障する危険性があります。
また、機器の内部で増殖したカビや雑菌、ウイルスが拡散され、人体に悪影響を及ぼすリスクも高くなります。

エアフィルターがあることで空調設備の理想の性能が発揮され、故障を防ぐことができ、私たちが健康で過ごせるようになるのです。

空調用エアフィルターを交換せずに放置していると…

空調用のエアフィルターを交換しないと以下のような弊害が発生します。
特に放置している期間が長ければ長いほど、トラブルが発生する可能性も高くなります。
もし長い間交換していないのであれば、一度確認してみてください。

健康に悪影響を及ぼす

エアフィルターは長く使っていると性能が低下します。
空調設備の内部は湿度が高くなりがちなので、ゴミやホコリなどが入り込むと水分と結合してカビや雑菌などが繁殖しやすくなります。
そのような状態で空調を使えばカビの胞子や雑菌が大量に空気中に放出されるため、アレルギーや感染症、肺炎などが発症するリスクが高くなります。

今猛威を振るっている新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスも、空調によって拡散される危険性が大いにあります。
特に冬場は寒いので暖房をかけたまま窓を締め切ってしまいがち。
室内の空気が汚れやすくなります。
そんな環境にひとたびウイルスが入り込むと空調によって拡散されて感染症が蔓延することになります。

介護施設や学校などでインフルエンザや風邪が流行するのは、空調が原因の一つとなっているとも言われています。

電力消費が激しくなる

エアフィルターを交換しないと空調設備の性能が低下するため余分な電力を消費することにつながります。
急激に電気代が上がっていくわけではないので実感しにくいですが、それ故に知らず知らずのうちに無駄なコストが発生していたという結果になりがちです。

また、空調設備の内部にホコリやゴミが侵入することで故障などのトラブルが発生する可能性もあります。
そうなると修理するか買い換えるしかありません。
エアフィルターの交換を怠ったがために莫大な損失が発生したというケースも少なくないのです。

空調用エアフィルターを交換するメリット

空調用のエアフィルターの交換をしないとさまざまな弊害が発生することがご理解いただけたかと思います。
逆に交換すれば以下のようなメリットがありますので、ぜひ検討してみてください。

空気がきれいに

なんと言っても一番のメリットは空気がきれいになることです。
フィルターがきれいであればホコリやゴミをこし取ってくれる、空気清浄機のような働きをします。
雑菌やカビの胞子、ウイルスなどが拡散しにくくなるので、新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症やアレルギーのリスクを低減することができます。

他にも寝付きが悪い、疲れやすい、イライラする、だるい、集中できないといった悩みも空気中の有害物質が関係しているケースが少なくありません。
空気がきれいになれば不調も改善できて、仕事や勉強のパフォーマンスがアップする可能性があります。

私たちは常に空気を吸って生きています。
空気がきれいになれば、それだけで健康につながるのです。

低圧損化で消費電力を減らす

エアフィルターを交換していないと空調効率が下がって消費電力が多くなることは先ほどご説明したとおり。
フィルターが目詰まりして空気の流れが悪くなってしまうことで無駄なエネルギーを使ってしまいます。

フィルターを交換すればロスが少なくなるので、空調効率がアップして、少ない電力でも十分な空調効果を得られるようになります。

維持費用の削減・長寿命化

空調用エアフィルターをこまめに交換すれば性能が長持ちするのでメンテナンス費用を削減できます。
また、空調設備の寿命を伸ばすことも可能です。
エアフィルターを交換するための費用はかかりますが、修理や買い替えの回数が減るので、トータルのコストを抑えることにつながります。

さらに、結露やカビが発生しにくくなるので、建物全体の長寿命化にも貢献します。

空調用エアフィルターのことなら当社にお任せください!

エアフィルターを長い間交換していない、新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症が心配、光熱費を少しでも抑えたいという方は、空調用エアフィルターを交換してみましょう。
大東産業では空調用エアフィルターをリースナブルな価格で販売しています。
一枚からでも購入可能。
日本バイリーン、金井重要工業、呉羽テック、日本無機、倉敷繊維加工など各メーカーの商品を取り扱っています。
お客さまの空調機器に合わせた特注エアフィルターも製作可能です。

豊富なラインナップとコストパフォーマンスの高さが選ばれる理由です。
空調用エアフィルターのことなら、取り扱いのある当社大東産業株式会社にご相談ください。

Return to Top ▲Return to Top ▲